辛い花粉症は早めの対策が必要

花粉症は毎年春になると猛威を振るい花粉症に苦しむ人が多くなります。辛い花粉症の症状を緩和させるためにも、なるべく早くに予防をされることをお勧めします。花粉時期前にマスクの着用や耳鼻科などを受診して予防対策をしましょう。

花粉症対策のマスク

花粉症で一番辛い多い症状

花粉症に限った話ではないですが、人間が生じる病気と食物は、密接な関係があります。
そのため、事前にどういった食物が悪影響を及ぼし、どういった食物が良い影響を与えるのかを理解しておく必要があります。
花粉症は、近年患者が急増していると言われています。
いくつか原因はありますが、原因として最も指摘されるのが、食生活の変化です。
高度経済成長期を過ぎた頃から、日本では欧米型の食事が一般的になりました。
これまで、あまり患者数が居なかった花粉症は、食事が欧米型になった頃と同時なのです。
患者が増加したのは、食生活の欧米化と、杉の木を積極的に植林したことが関係しています。
加えて、生活環境が変わった事と、大気汚染も大きく関与しています。
食生活が欧米したことにより、栄養失調に悩む方などが減少したのは、紛れも無い事実です。
しかし、肉料理が中心となることで、必然的にカロリーが高くなる食事になったり、たんぱく質を過剰に摂取してしまうことで、身体の反応が過敏になってしまい、花粉症をはじめとする様々なアレルギー反応が引き起こされるのです。
そして、子供の頃から食事時間が不規則であったり、栄養に偏りのある食事を行っていても変調をきたします。
そして、調理が簡単であるが故に、多忙な現代人が口にすることが多い、インスタント食品なども食品添加物により、花粉症の症状が強くなる原因です。
実際に、現代とは異なる食生活を送ってきた高齢者には、花粉症を患っている方は少ないです。
その理由は、やはり食生活が和食中心であった事や、杉の木が少なくスギ花粉の飛散量が多くなかったという事が関係しています。
口にするものを変えるだけで、花粉症は改善できるのです。