花粉症は毎年春になると猛威を振るい花粉症に苦しむ人が多くなります。辛い花粉症の症状を緩和させるためにも、なるべく早くに予防をされることをお勧めします。花粉時期前にマスクの着用や耳鼻科などを受診して予防対策をしましょう。

花粉症対策のマスク

イネ科花粉症で起こるショックを薬の添付文書で未然に

 花粉症といっても植物の種類によって原因が異なります。イネ科の花粉症を発症した場合、花粉症だけでなく食物アレルギーを引き起こし最悪の場合ショック症状を引き起こして重篤な症状が現れる場合があります。イネ科の花粉症だけでなくイネ科の植物に接触することによってアナフィラキシーショックを引き起こすことがあります。アナフィラキシーショックを起こす原因としてあげられるのが小麦の摂取府が挙げられます。花粉症の原因がイネ科の花粉だと知らずにパンなどの小麦製品を摂取することによってショック症状が現れることがあります。また、食品を摂取するだけでなくイネの畑の近くに行ったり、イネ科植物の風下にいるだけで発症することもあるため注意が必要となります。症状を軽くするためにはマスクの着用や花粉症の薬を服用することが必要となります。
 花粉症の薬は薬局などで処方箋がなくても購入することができる薬も多くあります。医師から薬を処方された場合は薬の用法や注意事項などを詳しく説明してくれますが、市販されている治療薬は医師や薬剤師が説明してくれるわけではないため、薬の添付文書をしっかりと読むことが大切です。市販されている薬といっても、服用の方法を間違えると大変危険です。そのため、めんどくさいからと言って添付文書を読まずに自分の判断で飲むことはせず、必ず添付文書を読み服用する薬についてしっかりと理解しておきましょう。花粉症の薬は医師に処方してもらう場合は花粉が飛ぶ前に服用し、比較的症状を軽くすることができる薬となります。それに対し市販薬は花粉が流行し始め症状が出てから服用し症状を緩和する薬となります。辛い症状を最初から出さないためには医師に処方してもらうことをおすすめします。