花粉症は毎年春になると猛威を振るい花粉症に苦しむ人が多くなります。辛い花粉症の症状を緩和させるためにも、なるべく早くに予防をされることをお勧めします。花粉時期前にマスクの着用や耳鼻科などを受診して予防対策をしましょう。

花粉症対策のマスク

花粉症と妊娠とチョコレートについて

花粉症の女性が妊娠をすると、花粉症状は余計にひどくなるケースがあります。妊娠をすると体内にも変化が起こりますが、女性ホルモン分泌が増えたり、自律神経の働きにも変化があるので、そうしたことが関連してきます。妊娠中はこうして体内環境が変わるので、全く花粉症を感じたことがなかった人が、妊娠したら花粉症になるケースもあります。似ている症状で、実は鼻炎ということもありますから、念のため耳鼻科での診察を受けてみることです。診察前にはドクターに、妊娠中であることを伝えましょう。

一般的な認識としては、甘いものや白い砂糖は、たくさん摂取すると体内の免疫力の低下になります。ですがチョコレートはその逆で、花粉症にも良いナイスな甘味として期待ができます。たくさんの脂質と糖質を含みますから、食べ過ぎてしまえば免疫力を落としますし、体重を増加させるのでよくはないです。ですから、摂取は適量を守ることであり、適量が花粉症の症状を軽減させるにも役立つこととなります。

チョコレートの原料に、その秘密は隠されています。カカオや砂糖、ミルクを含みますが、メインとなっているカカオが素晴らしいわけです。ポリフェノールをはじめ、チラミンやテオブロミンを含み、そういった成分が花粉の症状にアタックしてくれます。

チョコレートの成分で、特に花粉症に効くのは、豊富なポリフェノールの成分です。炎症を起こすときには活性酸素が発生しますが、ポリフェノールはそれを消去させる作用があります。体内に花粉が侵入してアレルギー反応がおきて、たくさんの活性酸素が発生します。ポリフェノールは活性酸素を抑制して、炎症緩和にも役立ちます。ヒスタミン成分放出を抑制してくれるのは、チョコレートに含まれるヒスタミンの成分です。