花粉症は毎年春になると猛威を振るい花粉症に苦しむ人が多くなります。辛い花粉症の症状を緩和させるためにも、なるべく早くに予防をされることをお勧めします。花粉時期前にマスクの着用や耳鼻科などを受診して予防対策をしましょう。

花粉症対策のマスク

花粉症のアレルギー性結膜炎はえびで悪化することも

目はアレルギーになりやすい器官です。他の器官と異なり、剥き出しになっているため、アレルゲンの影響を受けやすいのです。アレルギーは、アレルゲンを異物と認識し排除しようとする仕組みが過剰に反応して起こるのですが、アレルゲンは鼻の粘膜や、口から喉、目などに入ります。そこで、アレルギー反応を起こし、鼻水、鼻詰まり、くしゃみ、目のかゆみや充血などが起こります。
アレルギー性結膜炎は、目の表面にアレルゲンが付着して結膜と呼ばれるまぶたの裏側と白目の間の粘膜に炎症を起こす疾患です。アレルギー性結膜炎の症状としては、目のかゆみ、充血、まぶたの裏にぶつぶつができるなどです。原因としては、花粉による花粉症、ハウスダスト、コンタクトレンズの汚れなどがあげられます。花粉症は、アレルギー性結膜炎を引き起こす主な原因です。スギやヒノキだけでなく草本類のカモガヤやブタクサなど、1年中花粉は飛散しており、眼の表面に付着しやすいためです。花粉が付着すると、肥満細胞からヒスタミンなどのケミカルメデュエーターと呼ばれる物質が大量に放出され、炎症を引き起こします。そして、結膜炎が起こるのです。
えびは、食物アレルギーの原因としてよく知られています。えびアレルギーの主な症状は、蕁麻疹や下痢、腹痛、嘔吐などですが、アレルギー性結膜炎を起こす場合もあります。症状は、かゆみや異物が入った感じでごろごろする、充血などです。しかい、白目が腫れる場合もあります。もともと花粉症が原因でアレルギー性結膜炎を起こしていた人の場合、えびの摂取により症状が悪化することもあります。そのような場合には、えびの摂取は控えなくてはいけません。
治療法としては、抗ヒスタミン薬などの抗アレルギー点眼薬が処方されます。花粉が飛散する少し前から抗アレルギー点眼薬を使用することにより、症状を軽減させることができます。